BEST RATE GUARANTEERATE CALENDAR FLIGHT + HOTEL

book

BEST RATE GUARANTEERATE CALENDAR FLIGHT + HOTEL

The white rounds that decorate the outer walls of Jean Georges Steakhouse represent bone rounds. 

シェフのご紹介

洗練されたお食事以上のものをお求めですか。

ナイフがすっと入る、ミシュラン三ツ星シェフがブレーズしたショート リブをご堪能ください。 世界で 186 人しかいない認定マスター ソムリエの 1 人が選ぶカベルネは、リゾットの意味を根底から覆します。プロがご用意したアブサンで、本日のホタテをどうぞ。

当ホテルが誇る料理の天才たちは、エキスパート トレーニングを受けたり、著名な賞を受賞してきた折り紙つきのシェフです。 ぜひ一口お試しを。その違いがおわかりいただけるでしょう。

クレイグ・シェットラー

MIXOLOGIST,

Hometown:
Years as a Chef:
Favorite Dish:
クレイグ・シェットラー | Bio

クレイグ・シェットラー(Craig Schoettler)は全速力で料理界の道を歩み始めました。高級料理の経験を生かして、飲料業界で成功を収めており、この世界に入ってからペースを落としたことはありません。 2007 年にシェットラー(Schoettler)は、ジョンソン & ウェールズ大学(Johnson & Wales University)で科学と料理法の学士号を取得し、極めて優秀な成績で卒業しました。 在学中、シェットラー(Schoettler)はシカゴのトゥル(Tru)レストランでインターンとして経験を積みました。そのレストランでは、ガルド モンジェ(食料貯蔵庫)を管理し、シェフ ド パルティ(部門シェフ)という地位まで上り詰めました。

卒業後、シェットラー(Schoettler)はミシュランの 3 ツ星レストラン、アリニア(Alinea)に移りました。当初はインターンでしたが、後にシェフ ド パルティ(部門シェフ)を務めるようになりました。 シェットラー(Schoettler)はすぐにシェフ ド トゥルナンに昇進し、キッチン内のあらゆる場所でシェフを補佐しました。 2009 年には、アリニア(Alinea)にいる間に、食べるカクテル シリーズを創作しました。 これにより、2010 年には、評価の高いカクテル ラウンジ兼レストラン、ジ エイヴィエリ(The Aviary)でもエグゼクティブ シェフとして新たな職を得ることになりました。

シェットラー(Schoettler)はジ エイヴィエリ(The Aviary)のために飲み物を中心としたキッチンを開発しました。さらに地下には、もぐり酒場風のジ オフィス(The Office)を作りました。ここで思い付いて、実現させた 2 つの飲み物用プログラムは、進歩的なカクテルとこれまでに例のないテクニックが特徴で、賞を獲得しました。 シェットラー(Schoettler)は、革新的なスタイルによって、地元や国内の出版物ですぐに認められるようになりました。

飲食業界での活動を短期間中断して旅行をした後、シェットラー(Schoettler)はバーテンダーに挑戦することを決断しました。 シカゴのドラムバー(Drumbar)での仕事を引き受け、初回の勤務から 1 週間足らずで、飲み物用プログラムの引き継ぎを依頼されました。 そこからスタートして、2012 年にはドラムバー(Drumbar)の親会社のメニン ホテルズのコーポレート ビバレッジ担当ディレクターに就任しました。 

シェットラー(Schoettler)は主にラファエロ ホテルを監督し、そのホテルのドラムバー(Drumbar)を洗練されたもぐり酒場風のコンセプトのバーに模様替えし、種類豊富なウィスキー コレクションを用意しました。 さらにシェットラー(Schoettler)は、宿泊客用のぜいたくなミニバーを設けることで、ルーム サービスの新しいスタイルを提案しました。 マイアミのメニンのラジオ バー(Radio Bar)の飲み物用プログラムも見直しました。 メニン ホテルにかかわっていた間に偉大な成功を収めたシェットラー(Schoettler)は、AAA ファイブ ダイヤモンド アワードを受賞したラスベガスの豪華なアリア リゾート & カジノからのオファーを張り切って引き受けました。

アリア初のミクソロジストとして、シェットラー(Schoettler)はモダンなカクテル作りの技の境界を打ち破って、新しいアイデアを常に練り上げ、最高品質のサービスと体験をお客様に提供できるよう努めています。

シェットラー(Schoettler)のカクテル作りに対する熱意と驚異的な創造力が、『シカゴ トリビューン』紙の「ビバレッジ プロフェッショナル オブ ザ イヤー」や『イーター ナショナル』誌の「ナショナル バーテンダー オブ ザ イヤー」など、複数の賞をもたらしました。 彼のコンセプトがいかに画期的であったかは、『タイムアウト シカゴ』誌のベスト ニュー バー、『GQ マガジン』誌のテン ベスト ウィスキー バーズ イン アメリカ 2013、ジェームズ・ビアード財団のアウトスタンディング バー プログラムなど、バーがこれまでに受けた称号からもわかります。